13月XNUMX日、私は興奮と好奇心を持って学校に到着し、困っている子供たちを支援するために移動するというイベントを開始するのが待ちきれませんでした。

今年のチャリティー・イン・ニードの主なテーマと焦点は、全国の幸福への5つの方法を探求し、幸福を促進し、擁護することでした。

私たちオークリーの全員がこのイベントに参加したいと決めるのに、あまり考える必要はありませんでした。 接続されている、アクティブである、学ぶことができる; 他の人を助け、注意を払う–これらの5つの方法はすべて、すべての子供とその家族、そして私たち全員、オークリーのスタッフにとって基本的に重要です。

黄色い服を着てシミに覆われた大人たちの多くを見るのは心温まるものでした。 子供たちはさまざまな色合いの黄色、点、斑点で覆われたフリースで到着し、顔はいたるところに見られました。

ちょうど10時に、YellowClassが主催するGetMoving and GroovingZoomセッションを開始しました。 多くのクラスや子供たちが私たちに加わり、社会的および物理的に距離を置く必要があるXNUMX回目の全国封鎖の最中に、スクリーンに接続して楽しい瞬間を共有し、一緒に活動することは何という贈り物でした。 別のクラスの友達に会ったときの子供たちの反応を見て、一緒に瞬間を共有すること–私たちは分離の真っ只中に本当に魔法の瞬間を作り出したと感じています。

子供たちは踊り、動き、溝を掘り、私たちは43.60ポンドの百日咳を集めました。これは、国のおよそ41万ポンドに貢献しました。

私は誇りを感じ、参加し、子供たちが「世界で見たい変化になる」ことを促進し、支援することを誇りに思いました。